省エネ基準の動向

TEC値とは

省エネのポイント

省エネ技術の具体例

10年前に比べて、消費電力量が約80%も削減!
エネルギー効率向上への努力が、成果を上げています。

注1) 消費電力量のデータは国際エネルギースタープログラムに適合・登録されているプリンター、複合機のTEC値(カラー・モノクロ)を平均
TEC(Typical Electricity Consumption, 通称テック)
1週間の消費電力量を表す数値。米国の環境保護局(EPA)が定めた計測方法に従い、プリント出力する枚数速度ごとに、一週間でプリントする枚数を決めて、その際に使用される電力量で省エネ性能を比較する単位

ご存じですか? 進化した複合機の省エネ事情

ひと昔前までは「オフィスで電力消費が大きいのはパソコンや複合機」と言われていました。 現在も、そのように思われている方もいらっしゃるようですが、ここ10年で複合機の省エネ性能はめざましい進歩を成し遂げています。その10年間の推移が上記のグラフです。右肩下がりで消費電力量が減ってきているのが一目瞭然。なんと、10年前に比べ消費電力量は80%も削減されているので、古い複合機をご利用の場合は最新機に入れ替えた方がお得かもしれません。

10年前の複合機

消費電力量:11kWh/週年間の電気代 :15,444円

最新の複合機

消費電力量:1.9kWh/週年間の電気代 :2,668円

入れ替えると、年間12,776円お得

ご利用中の複合機のTEC値を確認したい場合は、国際エネルギースタープログラムホームページの「適合製品検索 事業者検索」でご覧になれます。

国際エネルギースタープログラム

注2) 2005年度カラー機から2015年カラー機に変えた場合の年間電気料金の差額。算出は以下の通り。
電気料金:電力量1kWhあたり27円(税込)(公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会による新電力料金目安単価)として算出 27円/kWh 52週/年
2005年度カラー①11kWh 2015年度カラー②1.9kWh ①ー②=9.1kWh 年間電気料金:9.1kWh×52週×27円=12,776円

「照明」vs「複合機」電気代節約できるのはどっち?

80%減になった今でも、他の機器と比較したらやはり電力消費は大きいのでは?と思われている
方も多いのではないでしょうか?そこで、蛍光灯と複合機の消費電力量を比較してみました。

結論からいうと、ほぼ同じ。

複合機って蛍光灯1本と同じくらいの電力しか消費しないんですね。
(複合機と蛍光灯は、年間の電気代もほぼ同じくらいですね。)

  • 蛍光灯
    消費電力量:2kWh/週電気代 : 2,808円
  • 複合機
    消費電力量:1.9kWh/週電気代 : 2,668円

一般的な40Wの蛍光灯を、週休2日制のオフィスで1日10時間利用したとすると消費電力量は、1週間で2,000Wh(2kWh)。電気料金を27円/1kWhとして、蛍光灯1本につき1週間で54円。年間2,808円の電気代を使っていることになります。 一方、A社の複合機(TEC=1.9)を例にすると、消費電力量はTEC値から1.9kWh。年間の電気代は2,668円になります。

太郎と花子が、社内の節電対策として
最近のOA機器についてやりとりするページもご覧ください。
閲覧はこちらから

次へ

省エネ基準の動向

TEC値とは

省エネのポイント

省エネ技術の具体例

ページトップへ