脅威の事例

年々セキュリティに関係する犯罪や違反が増加しています。
利用者も脅威を正確に認識し、その対策を実施していくことが求められています。

ここでは、セキュリティ関連の事故事例と、その対策を紹介します。
どれも、設置時または運用時に設定できる対策ですので、ぜひ参考にしてください。

  1. 事例 1

    複合機に保存した文書が外部から盗み見された

    複合機に保存した文書が、外部からの不正アクセスにより盗み見られた。

    詳細はこちら

  2. 事例 2

    複合機の設定が不正に変更された
    .

    複合機の設定が不正に変更され、利用できなくなった。

    詳細はこちら

  3. 事例 3

    機密電子文書が印刷されて外部に持ち去られた

    社内の機密電子文書が、複合機により印刷されて外部に持ち出されてしまった。

    詳細はこちら

  4. 事例 4

    出力した紙文書が部外者に持ち去られた

    お客様の個人情報が記載されたデータを印刷した後、出力文書が複合機のトレイにしばらく放置されたため、部外者に持ち去れてしまった。

    詳細はこちら

  5. 事例 5

    ファクス宛先入力間違いにより誤送信した

    社内の機密文書をファクス送信する際、ファクス番号の宛先入力を誤り、意図しない番号宛に文書を送信してしまった。

    詳細はこちら

  6. 事例 6

    保護されていないスキャンデータをメールで誤送信した

    社内の機密紙文書をスキャンしてメール送信する際、宛先メールアドレスの入力を誤り、意図しない宛先にメール送信してしまった。

    詳細はこちら

▲ページトップへ